地元の日本刀入門講義がグダグダでいらっときた話を書き綴ってみたいと思います。

地元の大衆講話の津々浦々刀入門講話に参加したのですが、思いのほか仕込みが酷くイライラしました。

まず、2タームの講話で20分近所も侍の言葉やバックグラウンド(間近にはべるの古語の「さぶらふ」の音便工夫で侍になったとか貴族の守護を講じる北面の武士が源ですとか)に費やされました。
あんな初歩的話はの間大学生でも知っています。いまさら時間を割いて説明してほしくありません。
その時間があるなら一分でも長く刀の話しをやるだ。

次に用意されていたpowerpointがびっくりするほど見づらかっただ。
調節ディスプレーの通り経歴をしないで下さい。上部にいらっしゃる「横すべり舞台」の記事は見えないのでしょうか?
ディスプレーに面構えを近づけて説明するなら全ディスプレー表現にください。貴方が見づらいものは客席の当社も見づらいだ。
一ディスプレーに12枚も映像を加えるからそんなに小さくて見づらくなるんです。分けて下さい。

最後にターム配分がなっていません。
最初の余談が影響したのか、レジュメの半分も終わりませんでした。
最初の5つぐらいの項目は30分ぐらいでさらっと流して、年代によって少しずつ刀の形が変化してきた遍歴やその背景、また刀を鍛錬するときに必要な玉鋼を生産する釜は炭を焼く釜と違ってこんな捻りがなされているとか、そういう刀自体に関する話や、
有名な刀工に関する逸話、また号のついた刀に関するレジェンドなど聞きたい物語はいっぱい書いてあったのにその程度がまったくといって宜しいほど聞けなくてがっかりしました。

地元の日本刀入門講義がグダグダでいらっときた話を書き綴ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です