テレビのレポートの魅力・ウイークポイントについて考えてみました

チャンネルの通知の仕方についてだ。一つ目は現在、世のの場合を騒がしておるスマホアプリの「ポケモンgo」についてイラッとしました。こちらはやっていなくて、表通りの場合でそのレクレーションをやる人に出会ったこともありません。しかし、テレビジョンを見ていてニュースのほとんどが「ポケモンgo」についての通知だ。外国が先にやるので多少のトピックにもなっていました。しかし、こんな事までしなくてもいいのに、と思いました。それはチャンネルがわざわざ表通りの場合に出てポケモンを探しに行っていたことです。チャンネルがやると今まで人気なかった人も、決めると思ってしまう人が増えると思います。やるやらないはリバティーですが、一年中こういうトピックのニュースを見ていて更にイラッとしました。もう一つは先端1箇月、ニュースになった北海道の男児が行方不鮮明になってしまった実態の通知だ。男児が発見された場所に、わざわざ行って実際にそこで泊ってみた、ということをやっていました。ストレート、メチャメチャだと思いました。なのでそのニュースの続きは見ませんでした。現在、よく分から乏しいインタビューなどを講じるチャンネルが多くてイラッとしました。もっと意識方や順当を分かってほしいだ。やっぱり、しっかりとした通知をすることよりも観戦パーセントを少しでも高くしたいのかな、と思ってしまう。

テレビのレポートの魅力・ウイークポイントについて考えてみました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です